どんな内容にすればお客さんに有益かを考える。

ホームページを公開するにあたって、目的を明確にし、訪問してくれたお客さんに的確な情報を提供し、信頼してもらえるような内容にする事を心がけて作りましょう。

  1. 目的を明確にする。
  2. ターゲットユーザーを想定する。
  3. 強み、こだわり、他社に無いもの認識する。
  4. 目的、ターゲットユーザー、キーワドから必要なページを考える。
  1. 目的を明確にする。

    まず目的を決める事によって目的を達成するために必要なページが見えてきます。最初に目的を明確にする事は制作する上で重要になってきます。よくある目的として、以下の項目が考えられます。

    • 商品の購入
    • 資料請求
    • ユーザー登録
    • 見積り、お問い合わせ
    • 商品、会社の情報提供
    • 企業や商品のイメージアップ
    • 実店舗への集客、その他
  2. ターゲットユーザーを決める。

    ターゲットユーザーを絞る事はお客さんを狭めるのではなく、取り扱う商品や情報内容によって年齢層、性別、地域などが違ってきます。誰に向けての情報発信なのかでデザイン等が変わってきます。

    • 女性向け、男性向け、子供向け、老人向け
    • 主婦向け、主人向け、独身者向け、既婚者向け
    • 法人向け、個人向け
    • 全国向け、地域向け、その他
  3. 強み、こだわり、他社に無いもの認識する。

    独自のこだわりや品質、サービスなどお客さんに安心感を与え、他社との差別化をはかるようにしましょう。

    • 手造り、独自の製法
    • 他社にはマネにできない技術
    • アフターサービスの充実、その他
  4. 目的、ターゲット、キーワドから必要なページを考える。

    訪れたお客さんが必要だと思う情報を整理して、各ページをお客さん目線でキーワードを含めた文章で分かり易く説明しましょう。

    • 商品の説明、追加料金、納期、会社情報、実績、お問い合わせ、よくある質問、その他
    • イラストや写真などを入れて見た目で説明する。
    • 写真を使う場合はできるだけ大きい写真を使うか、拡大できるようにする。
    • 本文に見出しを付けて、項目ごとに区切り文章を読みやすくする。
    • 文字内容を簡潔にまとめる。